Projects -進行中プロジェクト-

海外ビジネス支援事業

shutterstock_152295734

ホンダやソニーなどの大手製造業等が、当初、海外進出した際には、大手商社も成長期にあり、手を携えて海外進出したものと思います。しかしながら、製造業企業等が自前で製造工場を建設し、販売チャネルを開拓するようになり、大手商社は、エネルギー、インフラ、宇宙産業等の大型投資をビジネスの中心に据え、中堅・中小企業の支援を行うところは殆どありません。

一方で、年商1,000億円程度の中堅企業が、海外進出を成功させるのは、人材面、財政面で大変なプロジェクトになりますが、これを支援する、かつての商社のような存在が少なくなっています。

弊社は、株式会社エイチ・アイ・エスのGPS(グローバル・プチ商社・サービス)クールジャパン機構との連携も密に図りながら、世界市場に挑戦する企業支援を進めています。


なお、写真と当プロジェクトの記述は関係ありません。プロジェクトの匿名性の理由等によりイメージ画像を使用しています。


プロジェクトの事例・詳細

shutterstock_106636133

<Project事例1>  マーケット・フロンティア開拓

特殊領域で優れた技術をもつ年商1,000億円規模の中堅企業が、デバイスやモバイル環境の変化で、特殊領域から一般的BtoC、BtoBマーケットに進出し躍進を続けています。しかしながら、テクノロジーの世界は、いつ、どこで逆転が起こるか予測不可能な世界でもあります。また、古くは、“ビデオテープの規格で、技術的には優れていたと言われたbetaが、マーケティング戦略によりVHSに駆逐されたケースに見るように、さらなる技術開発とマーケットを迅速に押さえる努力が重要になります。ターゲットとすべき国ごと、ビジネス領域ごとに、創造的な仮設設定を行い、どのような産業の、どの企業と展開するか、戦略策定と執行支援を各国のパートナー企業と行っています。現在、北米、中国、南アジア1国、東南アジア3か国での展開を進めています。

shutterstock_212541040

<Project事例2>  日本食文化・おもてなし文化のグローバル展開

年商約300億円規模のベンチャー企業が、日本の食文化、おもてなしノウハウを海外に普及展開しています。若い社員が、国内で成長する規定路線・現状に満足し、新しいことにチャレンジしないことも憂慮する社長が、社員に夢を持ち続けてもらい、常に積極的にチャレンジを続ける企業風土を醸成するための重要な取組みでもあります。クールジャパン機構との連携を密に取組みを進めています。

shutterstock_190901033

<Project事例3>  ITベンチャーのグローバル・チャレンジ

設立後3年目から海外現地法人を3か国に設立し、海外事業の展開を進めるベンチャー企業を支援しています。日本のグローバル企業の海外事業全体に導入され、日本発のSAP、ORACLEとなることが現実的視野に入ってきました。次ステップとして、米系、欧州系、アジア系グローバル企業のグローバル・オペレーションへの導入プロジェクトの受注拡大を目指します。

ページトップへ戻る